中国人のシャオハン

主張するところは主張する文化

日本の隣国の一つである中国。
なんだかんだと政治問題があったりしますが、暮らす人たちには、そこまで対立する問題ではなかったりします。
特に上海や香港で暮らす人たちにとっては、もめごとよりもビジネスにならないことのほうが問題になったりするからです。

シャオハンは、香港の方で、理知的なビジネスウーマンといっていいでしょう。
向上心が高く、キャリアを積むために日本に来た、高い野心を持つ女性です。

このあたりは中国人の気質といえる部分で、人のことよりも自分のことをアピールし、あまり他人に関心を持たない部分が見え隠れします。
自分の地位向上のためには、高い野心をむき出しにしたりすることもありますし、能力があるのであれば、それを最大限に活用しようと考えます。
他人を押しのけてもというところがあるのは、日本人がなかなか受け入れ肉部分かもしれませんが。

それでも、彼女の性格が悪いとかということではありません。
人の話も聞くものの、自己主張はしっかりとすると考えるといいでしょう。

日本人が世界に出ていくために、必要な要素であると考えてもいいかもしれません。
奥ゆかしさが美徳の日本人ですが、海外ではそれでは押しつぶされてしまいます。
主張はしっかりと出していかなければ、誰も話を聞いてはくれないからです。

勉強熱心で向上心と探求心を持つ女性

シャオハンは、とても勉強熱心な女性で、連日何か本を読んでいる姿を見かけます。
ある意味でイギリス人のようで、人の邪魔にならないような場所で、お酒を飲みながら本を読んでいるのです。

部屋で読まないのと聞いたことがありますが、リラックスする環境にいると、本を読まずに休んでしまうからだといっていました。
探求心ということを考えたときに、何よりも優先していくのは面白い考え方かもしれません。

私は、彼女に日本語を教える代わりに、英語を教わっています。
香港の人は、日常から英語になれており、小さいころから習ったりするのは不思議なことではないそうです。
もちろん、ある程度富裕層でなければ、しっかりとした教育が受けられないことは確かなようですが、シャオハンはそれを鼻にかけてしゃべったりする女性ではありません。

お金を持っていたのは自分ではなく両親であり、自分もそういった環境を作り出すためには努力しなければいけないと思っているそうです。
逆に自分が置かれた立場を使い、好き勝手にしているような人もたくさんいるそうですが、中国の景気はいつまでも続かないと思っている彼女は、その先を見ているのかもしれません。

勉強熱心なシャオハンですが、暗い女性ではなく、パーティタイムになれば楽しそうに笑顔を見せてくれます。
日本人がなかなかできない切り替えもできる、才女といったところでしょうね。