英会話を体験できる環境

シェアハウスは家庭です。
家庭内でいろいろなことが出来るって、やっぱり大きなメリットではないでしょうか。

シェアハウスでなければ、私達は普段は部屋の中で一人です。
自分の殻に閉じこもりなかなか自分を成長させることも出来ず、内向的な自分をどんどん成長させて行ってしまうのかもしれません。

シェアハウスの強み

側に英語を話す友だちがいるということはとても大きなシェアハウスのメリットではないでしょうか。
実際に、英語を学ぶことを目的として作られたシェアハウスというものも存在しています。

シェアハウスこそが、英語を勉強するためのコミュニティなのです。
そのような場所では、英会話のレッスンなどが定期的に開催されており、日常の生活を通じてより実践的な英語学習に取り組むことができます。
アクティビティが行われて、かつ、英語を話しすることが出来る友だちが側にいることが大きな強みとなります。

自由に、勉強しているという気持ちもなく、話しをしたり、話しかけたりしてもらうことで、自然と英語が勉強出来るようになってしまうのです。
そして、側に英語を話す人たちがいれば、自分もよし、絶対に話しが出来るようになってやるぞというモチベーションが出来て生活と密着しているから、その意識が途切れることなく続けることが出来ます。

勉強するぞという意識がない

シェアハウスで過ごすことは、生活なのです。
生活の中で自然に英語を学べるって、とても素敵なことではないでしょうか。

英語とは言葉であり、私達の生活の上で必要なものです。
そんな勉強、勉強という意識で学んでいかなければならないものかと言えば決してそうではありません。

一生懸命勉強している人たちが苦労して収得したというのに、すぐに英語の能力を失ってしまうのは、英語とは、使ってはじめて収得出来るスキルだからです。
側に外人がいて、英語は、生活の中で有効的に使い続けていかなければなりません。

それは、勉強という気むずかしい形ではなく、ゲームのような楽しい感じでどんどん上達出来ればいいのですが。
なかなか英語を話すことが出来ないという人たちは、英語に対しての勉強のつらさばかりを知り、英語に対して恐怖心をもち、どんどん英語を学ぶことを嫌い、遠ざけてしまっているからではないでしょうか。

勉強とはそうでないものもあります。
苦労して、嫌いでも努力して、勉強していかなければならないものがあります。

しかし、英語は違うと言いたいのです。
せめて英語程度は、楽しく遊ぶように学び、気が付けば英語が出来るようになっていたという感じが理想です。

シェアハウスは、お得に住む場所なのです。
しかし、更にこのようなメリットをプラスして考えると、本当に有効的手段ではないでしょうか。