恋人を連れ込んでトラブルに

シェアハウスライフは、何かとても新しい感じがして、若い人たちに人気です。
シェアなら、料金も安く留めることが出来ますし、いいこと尽くめかと思えば、いろいろとトラブルが起こることもあるのでちょっとは注意をする必要もあります。
シェアハウスが何かと言えば、やっぱりそのスペースは、自分だけのものでなく、プライベートの部分を犠牲にしなければならないことがあります。

シェアハウスでどのようなトラブルが起こるのか

男性も女性も、入り混じるシェアハウスもあります。
大きな規模のシェアハウスの場合では、誰もをしっかり顔を知っているという訳ではないという場所もあります。

キッチンとリビングを使用しなければ、すれ違わないという人たちもいるようです。
男性女性混合しての生活なので、ここで恋愛に発展するというケースもあるでしょう。

シェアハウスは、ごくごく性がフリーな場所ではあるようです。
こんなシェアハウスに果たして恋人を連れ込むことはどうなのでしょうか。

YESの場合もあるようです。
しかし、実際にシェアハウス全部がそうということではなくて、駄目と言う場合もあるので注意をしましょう。
このケースでは、シェアハウスがもともと男性女性混合なので、異性を部屋に招いても、周囲の人たちにそれほど違和感なく受け止めてもらうことが出来ます。

もちろん、そうでないシェアハウスがあるということです。
シェアハウスには、管理している人がおり、男性女性混合のシェアハウスでは、友だちか、恋人かなんてそんな野暮なことを聞くこともおそらくはないはずです。

ルームシェアはNG?

部屋が個室だから、ある程度プライバシーを保つことが出来る訳ですが、ルームがシェアという場合では、やっぱりちょっと無理という感じではないでしょうか。
管理がルーズというのが正しいか、自由に委されているというのが正しいか判らないですが、恋人が部屋に入り、そのまま居座ってしまうケースも結構よく聞く話しです。

でもやっぱり、シェアハウスは、基本普通の住居よりは、プライバシーが維持出来ないものであり、そして、周囲の人たちのことを気遣って生活をしていかなければならないスペース空間なのです。
恋人同士の関係は、必ず、部屋の中でいちゃいちゃする訳ですけど、周囲の人たちのことも考えて、最小限の声・音に留めて行為をしなければならないというのが、シェアハウスの掟です。

シェアハウスで恋人が出来るなんて素敵

私達が普段生活をしている上で家でじっと生活をして、恋人にめぐり合うなんてほとんど起こることではありません。しかし、シェアハウスは、生活自体がコミュニケーションの場所でもある訳です。
シェアハウスでデメリットもあるかもしれませんが、普段の生活の課程において、恋人同士の関係に導き出すことが出来る可能性があるなんて、やっぱり素敵なことではないでしょうか。