僕の持ってきた必需品

シェアハウスを始める際に持ち込んだ、生活必需品紹介

私が現在しているシェアハウスに引っ越してくる前のことですが、今のシェアハウスは家電系統が大体揃っている(電子レンジや冷蔵庫など必要なものは大体揃っていた)ので、ほとんど引っ越しの時に必要なものというものはなく、バックパック一つと、段ボール箱一つで荷物が事足りてしまいました。
それはそれで何だか寂しい感じもしますが、女性と違って男性の引っ越しなんてこんなもんですね。

話を戻しますが、私が引っ越しの際に持ち込んだのは、とりあえず必要最低限絶対に必要だと感じるものだけをチョイスして、荷物を極力少なくして、友人に車を出してもらって引っ越しを完了させました。
(私は車持っていないので…)

その時に持って行った最低限の荷物というものを、いくつかご紹介したいと思います。

やっぱり電気系は大事…

私は仕事でも電気系統は結構使うので、最低限これだけは絶対に持っていかないとと思って持って行ったのが、ノートパソコンと、充電器、HDにUSB、Wi-Fiルーターなど、周辺機器やら周辺アイテムが中心でした。

これさえあれば最悪仕事して食べていくことが出来るので、とりあえずこれだけは最初にバックパックに詰め込んでおきました。
(振動で壊れたら嫌だなぁと思って、わざわざそれぞれケースに入れて、プチプチシートで包むという鉄壁の防御)

そして、財布と通帳、ケータイとケータイの充電器と、貴重品系統も一緒に、忘れないうちにバックパックに入れ込みました。
友人が前に引っ越しをした時に、隠しておいた通帳を前の家に忘れたという話を思い出し、同じ道を辿らないようにせねば…と思ったためです。

とりあえずバックパックにはそれだけを詰め込んで、次に段ボールの梱包に取り掛かりました。

実は他にもこんなものを持ち込みました

と言ってもそこまで詰め込むものもないので、普段着ているスーツと私服、コートにバッグ、靴、時計類を詰め込んで、梱包終了。
本当に荷物が無いなぁとちょっと驚きましたが、その分断捨離をした気分で、何だか爽やかに引っ越しをすることが出来たのを覚えています。

シェアハウスでなかったら、家具家電全部一から用意しないといけなかったから、そうもいかなかっただろうなぁと思うと、正直鳥肌物です。
本当にシェアハウスにして正解だったなぁと心の底から思います。

シェアハウスを現在一緒にしている友人たちは、全員仕事の時間が違うため、あまり全員が長い時間あって話すということはないのですが、その生活はその生活で居心地が良くて助かっています。

男だけだと何かと気楽で良いし、シェアハウスって辞められなさそうだなかと思います。