ゆくゆくは「マイホーム」が欲しいです

いつかは自分の家が欲しいという欲求

家賃がアパートよりも安価で、慣れてしまえば快適とも言えるシェアハウスですが、
本音を言えば一戸建て住宅に住みたいという欲があります。昔よりも価値観が多様化して、
現代では「マイホームを建てることがが夢」という風潮や意識は薄れつつありますが、
家を買いたいという潜在的な欲求を持ってる人は少なく無いと思います。

今は雇用情勢が不安定になっているので、賃貸やシェアハウス住まいのほうが
都合が良いと感じることはありますが、将来のことを考えるとゆくゆくは
ひとところに落ち着きたいものです。

安く家を建てるにはどうすればいいのか

家の値段というのも結局はピンキリなので、どういった家に住みたいかという
部分でかなり左右されます。家の構造や間取りに対して細かく注文を付けると、
そのぶん建築費も跳ね上がってしまいます。オーダーメイドよりも
既製品のほうが安いのと同じ理屈ですね。

なので、あらかじめ建築メーカーが用意した「設計図通り」の家を作れば、
余計な手間もかからず、建築費を抑えることも可能です。住んでいる東京で調べると、
関東圏で2LDKの家を建てると、このモクハウスという住宅メーカーの試算では、
990万前後という数値が出てきました。コストダウンを徹底すれば、1千万円を
切ることも可能みたいですね。もちろん中古物件などを探せばまだまだ安価な
家というものも出てくるのですが、新築を条件にするとこのあたりが最安値みたいです。

3Dプリンターでも家を作れる時代

最近は、3Dプリンターで建材を作り、安価に家を建てる技法なども確立され、災害時の
仮設住宅や工事現場のプレハブなどに利用してるという話もありますが、やはり強度や
耐震性についてはまだまだ課題が多いそうです。終の棲家として家を建てるのであれば、
ちゃんとした住宅メーカーーに頼む方が無難ですね。